カテゴリ:堆肥循環プロジェクト( 1 )

今年はじめてとなる堆肥循環プロジェクトを開催しました!このプロジェクトは、日頃、お世話になっているNPO循環生活研究所の生ごみ堆肥のノウハウを活用し、市民農園内でオリジナルの堆肥を作っていこうという取り組みです。

 昨年の6/23日に、はじめて市民農園に木枠コンポストを設置しましたが、稼働率に多少課題がありました。今回、あらためて新しい木枠コンポストを設置することで、堆肥循環の効率をあげて、今春より本格的に使用できるような堆肥作りを目指します。

なお、この木枠コンポストは、日頃、東区蒲田にて循生研さんが使用してられるものを参考にして作製しました。(昨年、12月に開催されたコンポスト講習会で多くの内容をご教授いただきました。ありがとうございました!)

さて、まずは堆肥とは何かを参加者全員で確認しながら、作業を開始です。
午前中の農体験で、牛フン堆肥のことについて学んだ延長線上で、話を進めたこともあり、復習のつもりでご確認いただきました。
d0142452_9214115.jpg


内容を理解した上で、さっそく木枠の設置です。
d0142452_9224141.jpg


コンポストに入れる枯葉や生ごみを細かくした上で、そしてこれまで作ってきた未完熟な堆肥を丹念に混ぜます。
d0142452_9285220.jpg
d0142452_9291231.jpg

d0142452_9242518.jpg


こうして混ぜてできたものを、コンポストに投入です。
d0142452_9254496.jpg

d0142452_926730.jpg


これから、半月毎にコンポストの中身を切り返すことで、たくさんの酸素を送り込み、良質な堆肥に作り上げていきます。ぜひ今年は、木枠コンポストで作った堆肥由来のお野菜ができてほしいですね!
[PR]
by noconoco2008 | 2008-01-26 09:07 | 堆肥循環プロジェクト